スポーツ・ランニングによる膝の痛み

膝の痛みに効くサプリメント

スポーツ・ランニングによる膝の痛みは、原因や症状によって治療法が異なるので注意が必要です。

膝の痛みTOP > スポーツ・ランニング

スポーツ・ランニングよる膝の痛み

スポーツ・ランニングによる膝の痛みには、痛めた筋肉や腱などの部位や、原因となった動きによってさまざまな種類があります。

鵞足炎

膝の曲げ伸ばしを多く行うスポーツで起こる障害です。

膝の内側にある筋肉を骨につなぐ鵞足と呼ばれる部分が、スポーツの練習などで膝の曲げ伸ばしを繰り返し行った場合に炎症を起こしたものです。

ストレッチやアイシング、テーピングなどを行うことで症状は改善されます。

膝蓋大腿関節障害

いわゆるランナー膝と呼ばれるもので、膝蓋骨と大腿骨の摩擦により軟骨を痛めて炎症を起こします。

足の筋力が足らない場合や、体重が増えすぎるとなりやすく、走る路面や履いている靴なども影響します。

大腿四頭筋のストレッチや筋力強化である程度予防はできますが、なってしまった場合には練習後に十分アイシングをしましょう。

腸脛靭帯炎

陸上の長距離選手に起こりやすいスポーツ障害です。

長時間のランニングで、膝の外側の骨と靭帯が摩擦で炎症を起こしたもので、走ると痛みがあります。

ランニング前のストレッチや、ランニング後のアイシング、筋力の強化やフォームの見直しなどで、予防することが大切です。

関節の使いすぎが原因ですから、炎症を起こしてしまったら、治るまで練習を控える必要があります。

膝蓋靭帯炎

ジャンパー膝と呼ばれるもので過度のジャンプやランニングが原因です。

膝の曲げ伸ばしを多用するスポーツで起こりやすく、特に成長期には筋力と骨の発育が十分でないため発症しやすいので注意が必要です。

膝の使いすぎが原因なので、痛みがあるときには練習を控えたり、ストレッチや筋力アップを図るのが有効です。

オズグッド病

10代前半によくみられる症状で、痛み方は膝蓋靭帯炎とよく似ています。

成長途中で、まだ軟骨の状態である骨が、使いすぎによってそ炎症をおこしたり剥がれてしまうことが原因です。

骨の成長とともに症状は治まってくる場合が多いのですが、痛みがある場合には練習を控えて悪化を防ぐ必要があります。

≪公式≫世田谷自然食品はこちら

グルコサミンにたっぷり7種類の栄養成分配合!初回限定の特別価格♪
www.shizensyokuhin.jp

ブルーベリー&ルテイン【リフレ】

1粒に25種類の栄養成分を配合!ルテインもたっぷり6mg配合!
hc-refre.jp

小林製薬のブルーベリー

メグスリの木にブルーベリーをプラス 製薬会社の品質を送料無料でお届け!
www2.kobayashi.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 関節痛に効くグルコサミンとコンドロイチン All Rights Reserved.