成長期の膝の痛み

膝の痛みに効くサプリメント

成長期には成長痛やスポーツ障害など、さまざまな理由で膝の痛みを訴える場合があります。

膝の痛みTOP > 成長期の膝の痛み

成長期の膝の痛み

成長期の膝の痛みとして、まず幼年期に起こりやすいのが成長痛や股関節の異常です。

小学生以下の子供の膝の痛みは、単純性股関節炎や、ペルテス病などの股関節に原因があるものが多くあります。膝が痛いと訴えても、実際の原因は股関節にあったりするのです。

実際に膝に原因がある場合としては、半月板の損傷が疑われます。半月板が損傷すると、多くの場合膝を完全に伸ばすことが出来なくなります。

若年性のリウマチも、この年代に稀に見られる症状です。痛みが少ないので、歩き方に違和感を感じて発見される場合も少なくありません。

成長痛

成長痛とは、子供の体がぐんぐん発達する時期に、骨や筋肉の成長のバランスが取れなくて痛みを感じるものと思われがちですが、これは間違いです。

成長痛の症状としては、4~7歳くらいの子供が、夕方から夜にかけて膝などに激しい痛みを訴えます。

昼間は元気に走り回っていて、痛みを感じる場所が一定でないのもその特徴です。

原因としては、昼間走り回ったことによる疲労の蓄積や、親にかまってもらえないストレスなどがあるといわれています。この場合は病院での治療は必要ありません。

中高生の膝の痛み

中高生での膝の痛みは、スポーツ障害が原因となる場合がほとんどです。

スポーツの練習で、特定の関節や筋肉などを過度に使うことによって、腱や筋肉に炎症を起こしたり、半月板や膝蓋骨を損傷したりするものです。多くの場合は適切な治療で症状は改善します。

この年代で稀に起こる病気として、骨肉腫があります。発症する頻度は非常に低いのですが、10代での発症が多い病気なので、痛みが強いときには念のためにレントゲンで確認しておいたほうがよいでしょう。

≪公式≫世田谷自然食品はこちら

グルコサミンにたっぷり7種類の栄養成分配合!初回限定の特別価格♪
www.shizensyokuhin.jp

ブルーベリー&ルテイン【リフレ】

1粒に25種類の栄養成分を配合!ルテインもたっぷり6mg配合!
hc-refre.jp

小林製薬のブルーベリー

メグスリの木にブルーベリーをプラス 製薬会社の品質を送料無料でお届け!
www2.kobayashi.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 関節痛に効くグルコサミンとコンドロイチン All Rights Reserved.